― 就職支援で日本を変える ―

就活支援で日本を変える 就勝ゼミナール
MENUCLOSE
  1. ホーム
  2. /

  3. 卒業生の内定実績
  4. /

  5. 旅行・ホテル

旅行・ホテル

山本 大地

■内定先となぜその企業(業界)を目指したのかを教えてください
内定先は「名鉄観光サービス」です。
大学生活の中で真剣に取り組んできたことがサガン鳥栖の応援でアウェーの試合とかにも足を運んでいました。

その時にどうすれば移動費を安く抑えられるか、効率よく移動できるかを考えているうちに物事の計画を立てるのが好きだなと思うようになったことがきっかけです。

 

■同業他社がある中で、なぜ名鉄観光サービスを志望したのか教えてください。
二つありますね!
一つ目は、自分自身がカウンター営業ではなく団体営業を主にしたかったからです。名鉄観光サービスは、そこが必ず入社後にできる業務だったから志望しました。
二つ目は、幅広い経験ができるからです。
自分自身、社会人になって幅広い経験を、社会人1年目から業種や種類にこだわらずいろんな仕事をしてみたいという思い入れがありました。
名鉄観光サービスは支店の特徴上、福岡支店というように区切りがありません。他社のJTBや日本旅行は、福岡教育支店・福岡法人支店など、旅行の形態によって支店が分かれていて、そこに違いがあると思いました。名鉄観光サービスであれば、一つの視点に配属されてからも教育旅行も一般企業の営業も両方一緒にできると思ったところに魅力を感じました。

 

■コロナ禍で影響のあった業界だけど2社内定を獲得できた理由は何だと思う?
熱意だと思います。最終面接のときに「最後何か質問はあるか」、「最後に一言あればどうぞ」と言われたときに、そこの会社に対する思い、自分の素直な思いと覚悟をしっかり伝えたことが内定に繋がったのかなと思っています。
あとは、自分自身が思っている価値観と会社が持っている特徴がマッチしている部分があったのかなとも思っています。
名鉄観光サービスは、支店の区切りがないという点で幅広い経験ができる。他社はホテル職だけれども、細かな、高級ホテルのような部門が分かれているため、そちらでも幅広い経験ができる。というように!

 

■どちらも魅力的な会社ですが、最終的に内定先の企業に決めた理由を教えて下さい。
自分の一番やりたいことが旅行の営業だったからです。そこが一番大きい部分だと思います。そして何より営業職だったこと。もう1社は、ホテル職なので最初からホテルのフロントに立つようになるので目に見える結果というものを示しにくい。それに対して営業というものは分かりやすい。どれだけ契約を結んでいくことができたか、どれだけ利益を上げることができたか、そういったわかりやすい指標があるからこそ、そちらの方に魅力を感じたので名鉄観光サービスにしました。

 

■今までの就職活動を振り返ってどうでしたか?
一言でいうと本当に大変だったです。
2・3月はコロナも広がり始めて、就活自体にもどういう影響が出るか分からない状況の中でした。
その中でも、自分がやれるときに、やれることをやっていたから結果として自分のやりたい仕事に内定できたと思います。

 

■就活が大変だったこと以外に何かありますか?
自分が思っている以上に世の中は誰かの仕事で溢れているということに就職活動を通して実感しました。
自分自身が就活を始めたからこそ、アルバイトにおいてもどういった業者の人が関わっているかなど、そういったあまり普段ではあまり表に出ないようなところにも仕事は存在することを実感しました。

 

■就活で苦労したことありますか?
面接です。初めて会う人に自分が思っていることを一度聞いただけで理解してもらうように話すことが難しかったです。
自分の口から勝手に出るようになるまで、言いたいことを落とし込んでいくことがとても大変でした。

 

■その悩みをどう解決しましたか?
自分自身で解決することが難しいと思ったときは、就勝ゼミナールの方々の助けを借りました。
面接練習もほとんど毎日行ってもらうことで、自分の言いたいことがしっかりと伝えられるような練習を続けていきました。

 

■就勝ゼミナールを知ったきっかけは何だったのでしょうか?
「飲み語ろう会」に参加してからです。
エントリーシートの添削をおこなってくれることをネット上で見かけたので申し込んでみました。

 

■就勝ゼミナールを利用する前とした後の、就職活動の環境の変化や考え方の変化はありましたか?
→利用前は、自分にとってあまりうまく支援してもらうるかどうか不安でした。しかし就勝ゼミナールの方々、一人一人が親身になって相談にのってくれて、アドバイスもして頂き、応援してもらえているなと実感しました。

 

■就勝ゼミナールを利用して一番良かったと思う点はどこですか?
何度でも面接練習やエントリーシートの添削をできたところです。
大学ではどうしても定員があって時間も限られていましたが、就勝ゼミナールでは、1人1時間の時間があり、その中で面接の練習とフィードバック、他にも就活での悩みを聞いてくれました。
そういった部分では大学の就活支援より、キャリアの支援をしてもらえたと思う点です。

 

■最後に、これから就職活動を始める人にメッセージをお願いします。
人生に一度しかない「新卒」での就職活動になるのでやりたいことがある人はそれに向かって進んでいけばいいかなと思います。
でも将来自分のやりたいことが浮かばない人ももちろんいると思います。そういう人たちは、自分のやりたいこととか無理やりに見ついけるのではなくて、まずはどんな仕事があるのかを知っていくこと、本当に欲望の赴くままに仕事と向き合って自分に合うのはどれかなと見つけていってほしいです。
あとは行動し続けること
悩んでいても、悩んで何も動かないままでは何も変わらないと思います。自分の中でしっかりと動き続けていればやりたいこととか、そういったものが少しずつ見えてくるかもしれません。
コロナ禍で大変かと思いますが頑張ってください、応援しています!

thumbnail

福岡大学

人文学部
英語学科

山本 大地